【保存版】SEO対策に効果的な記事タイトルの付け方と14のコツまとめ

記事タイトル 付け方

:約 9 分

記事タイトルの付け方で悩んでいませんか?

WEBコンテンツにおいて「タイトル」はSEO的にもクリック率的にもとても大きく影響する重要なポイントです。

また、ライターとして記事を執筆したいときにもタイトル提案だけで応募をお祈りされてしまうなんてこともあります。せっかく良いコンテンツを作れるのに、タイトルだけで誰も読んでくれないなんてもったいないですよね。

そこで今回は誰でも「思わず読んでみたくなるタイトル」簡単に作れるようになる、「14個のコツ」について解説してみようと思います。

どれも基本のものばかりなので、しっかりポイントを押さえて、ぜひ実践してみてくださいね。

記事タイトルは2つの視点で考える!

記事のタイトルのコツを紹介する前に、「良い記事タイトル」って誰から見て良い記事タイトルなんでしょうか?

「そんなの読者でしょ?」って答えが返ってきそうですが、もちろん正解です。ただし、半分だけ…

じゃあ、もう半分は?というと…答えは「検索エンジン(主にGoogle)」です。

読者のクリック率が良さそうなタイトルを付けても、そもそも目につくところに上位表示されないと意味がないですよね?

そのため、記事のタイトルは読者目線を意識しつつ検索エンジン目線もしっかり押さえておかないといけないんですよ。

今回は紹介するコツの1つ1つが「どの視点に効果があるのか?」についても解説していきたいと思うので参考にしてくださいね。

記事タイトルの付け方13のコツ

それでは、記事タイトルの付け方13のコツを紹介するので確認していきましょう!

記事タイトルの付け方13のコツは次の通りです。

1.  キーワードを必ず含める
2. キーワードを近接させる
3. 同じ単語をつかわない
4. 必要以上に記号を使わない
5. 32文字以内で内容をおさめる
6. 記事の全体像が一目でわかるようにする
7. タイトルとコンテンツの内容を一致させる
8. 読者のメリットをわかりやすく提示する
9. 簡便性をだす(私にもできそう!)
10. 数字を使って具体性を示す
11.「あっ、読んでみたい。」と思う表現を使う
12. 助動詞をうまく使う
13. 2文構成にする
14. しっかりとした文章にして読みやすくする

それぞれ詳しく確認していきましょう。

1.  キーワードを必ず含める

まずは、SEO的な視点から重要なポイントです。

キーワードとは、上位表示させたい検索キーワードのこと。読者が検索した内容に合わせた記事を表示するのが検索エンジンの仕事なので、このポイントは当たり前といえば当たり前ですね。

最近は検索エンジンもコンテンツの中身を判断しているので、昔に比べて効果は低いようですがよっぽどの理由がない限りはタイトル内にもキーワードを入れるようにしましょう!

例:キーワード「豊中 ラーメン」の場合。
「豊中駅徒歩5分!新しくできたラーメン屋がワンコインで美味すぎる!」

2. キーワードを近接させる

こちらもSEO視点でのポイントです。

最近は効果が薄い気もしますができる限りは実践したいポイントです。

キーワードを近接させるだけでなくタイトルの頭に持ってくる方がSEO効果は高いと言われています。

例:「豊中のラーメン屋でおすすめはここだ!駅から徒歩5分でアクセスも抜群!」

3. 同じ単語をつかわない

こちらは、してはいけないポイントですが、SEO的にも読者的にも評価が低くなってしまうので気をつけましょう!

まずSEO的には同じ言葉を使うと検索したときに引っかかる可能性を下げてしまうので逆効果です。

読者的にも「なんか文章力ないよな〜」と感じてしまいますし、同じような意味でも単語を変えて微妙なニュアンスを伝えたほうが効率的です。

ダメな例:「豊中のラーメン屋はここがおすすめ!豊中駅から徒歩5分でラーメンもワンコイン!」

良い例:「豊中のラーメン屋はここがおすすめ!アクセスは駅5分!ワンコインで満腹!」

4. 必要以上に記号を使わない

こちらもSEOと読者の両方から評価が下がってしまいます。

例えば「◇豊中のラーメン屋でおすすめはここだ!!◇あの有名な〇〇〇〇〇〇も来店済み〜〜?!」

などです。

明らかに不要な◇や〜の数もですが〇も実際の文字数分使う必要はありません。

伏せ字にしたいときは「〇〇」と2つで十分です。

ただし、エンタメ系の記事で「有名俳優〇ョ〇ー・〇ップ」などとわかるように書いたり、「私「ねえねえ」母「あqwせ%△#?%◎&@□!‼︎」」などのようにクリック率狙いの特別な表現の時には敢えて利用してもいいかもしれませんね。

5. 32文字以内で内容をおさめる

ここからは全て読者目線(クリック率)でのタイトルの付け方になります。まず、基本中の基本ですが検索結果に表示される文字数を意識することです。

実はGoogleでは検索結果に35文字前後までしかタイトルが表示されません。つまり、それ以上のタイトルは検索画面では読むことができないのです。

なので、基本的には32文字以内。もし越えてしまう場合も伝えたい内容は32文字以内に位置するようにしましょう。

ライターとして寄稿するときは特別な指示がない限り32文字以内で完結しておいた方が無難です。

6. 記事の全体像が一目でわかるようにする

タイトルを見た時にどういうコンテンツなのかが分かるという事も重要です。検索画面では、読者はタイトルと説明文(ディスクリプション)からしかコンテンツを判断できません。

なので、タイトルがよく分からない内容の記事は例え上位表示されていてもクリック率は低くなってしまいます。

ダメな例:「豊中駅から歩いて行ったらワンコイン!5分でラーメンは満足だった!」

良い例:「豊中駅から徒歩5分!ワンコインで満足間違いなしのラーメン屋はここだ!」

7. タイトルとコンテンツの内容を一致させる

先ほどもお伝えしたとおり、読者にとってはタイトルが読むかどうかの大きな判断基準です。なので、

「豊中駅から徒歩5分!ワンコインで満足間違いなしのラーメン屋はここだ!」

というタイトルのコンテンツ内にお店の名前や住所がなかったり、あっても場所が駅から20分だとか料金が高額だとがっかりしてしまいます。というより、無駄に時間を使ってしまった分とても不快に思ってしまうかもしれません。

また、嘘ではなくても読者がタイトルをみて必要以上に期待している場合、普通のコンテンツ内容でもがっかりしてしまいます。反対にタイトルを少し大人しくすれば、コンテンツに感動して「読んでよかった!」と満足してもらいやすくなります。

8. 読者のメリットをわかりやすく提示する

記事タイトルを見て、自分にメリットがなさそうだと誰も読みたくなりませんよね。なので、タイトルには必ずわかりやすくメリットを入れましょう。

その時、「かっこよくなれる!」というメリットなら「かっこよくなってモテる!」というベネフィットの部分まで含めることができれば完璧です。

ベネフィットは読者の潜在的なニーズの部分なので、「読者はメリットがあった結果どうなりたいのか?」「どうしてそのメリットが欲しいのか?」を考えると想像しやすいですよ。

例:「豊中のラーメン屋〇〇を知っていれば、友達に「通」っぽく思われること間違いなし!」

9. 簡便性をだす(私にもできそう!と思わせる)

タイトルに「たった5分で!」「中学の成績オール1のわたしでもできた!」などの簡便性を感じられる文章が入っていると読者が「読んでみよう!」と思いやすいです。

ただし、「世界一わかりやすい!」などの過剰表現をしてしまうとコンテンツと一致してない場合、不快に感じさせてしまうので注意しましょう。

例:「超簡単!」

「たったこれだけで!」

「〜を上手にするたった1つの〜」

「〜ができれば問題なし!」など

10. 数字を使って具体性を示す

さっきの「メリットを〜」「簡便性〜」に合わせて使いたいコツが数字を利用して具体性を出すことです。

例えば、「低価格でめちゃくちゃ大盛りのラーメン」より「たった500円だけで麺300g」の方がピンときやすいですよね。ほかにも、「短時間で偏差値が上がる習慣」よりも「たった1週間で偏差値が10上がる5つの習慣」の方がメリットを想像しやすいです。

僕もいつもそうですが、キーワードと数字をどうすれば組み合わせられるのかという所からタイトルを考えるのが簡単でおすすめですよ。

11. 「あっ、読んでみたい。」と思う表現を使う

ここまでも、ここからもそうですが大事なのは読者にいかに「読んでみたい!」と思わせるかです。同じ内容でも表現方法で「読んでみたい!」と思わせることができるのでいくつか紹介していきます。

口語

「ついつい「あっ、読んでみたい」と思うタイトルの付け方」

 

命令

「効果的なタイトルの付け方紹介するからとりあえず読め


裏表現

読んで為になる効果的なタイトルの付け方 →「読まなきゃ損する効果的なタイトルの付け方」


まとめ

「効果的なタイトルの付け方まとめ


してみた

「どのタイトルの付け方が効果的か実践してみた


やってみる

「今から色々なタイトルの付け方やってみる


〜が〜すぎてすごい

「このタイトルの付け方効果的すぎてすごい!


〜はこちら

「効果的なタイトルの付け方を知りたい人はこちら


〜な件

「このタイトルの付け方が効果的すぎる件


【保存版】

【保存版】タイトルの効果的な付け方」

12. 助動詞をうまく使う

限られた文字数で伝えたいことを確実に伝えるには、

「すべき」
「 できる 」
「しなければいけない」
「かもしれない 」
「した方がいい」
「したい」

といった助動詞をうまく使うことが大切です。

例:「豊中のラーメン屋〇〇は必ず行くべき!ワンコインで腹一杯食べられるぞ!」

13. 2文構成にする

もう、気づいている人も多いと思いますがタイトルは2文で構成した方が魅力的に見えやすくリズムもよくなります。

「〜ってどうすればいいの?もう迷わない3つの方法」
「絶対〜にした方がいい!でも、それって本当?」
「〜は間違いない!〜の理由を徹底解説!」

など!と?を上手に使ってあげることが重要で、読者が思っているであろう疑問を「?」で共感したあとに「!」で解決策を示してあげるのが主流ですね。

例:「豊中の〇〇って実際どうなの?気になる口コミ評判をまとめてみた」

14. しっかりとした文章にして読みやすくする

キーワードを多く入れたいがために

「豊中のラーメンはここがおすすめ!味、値段、接客、立地、口コミ、評判」のようなタイトルにする人もいますが、読者が読みたいと思えないので避けたほうがいいです。

しっかりと

「豊中のラーメンはここがおすすめ!場所や値段などの基本情報、味や気になる評判までを徹底解説します!」のように文章にしましょう!

そのほかにも

「豊中のらーめんでおすすめなのはここのお店だ!」のように平仮名ばかりだったり、

「豊中駅徒歩五分!おすすめの〜」のように熟語にならない漢字のつながり、

「豊中のオススメラーメン!スープライスがセット〜」のようにカタカナで違う単語同士がくっついてしまったりも避けたほうがいいですね。

単純に読みにくいので、それほど意識しなくても大丈夫だと思いますが、ごくたまに漢字やカタカナが重なっているタイトルも目にするので念のため。

まとめ

今回は小難しくいろいろお伝えしましたがタイトルってのは結局のところ…

32文字の中を使って、これを読んだら

Whoだれが
Whenいつ
Whereどこで
What何をすれば
Whyなぜ
How具体的にどのようになるのか?

を、すぐに分かるようにすればいいだけなんですよね。皆さんも友達に「こんな話あるんだけど聞きたくない〜?」って質問するときは、自然とできてると思います。

〇〇ってダイエットしたいって言ってたやん?めっちゃ簡単に1週間で5kg痩せれる方法見つけたんやけど〜」とか

「〇〇さあ、めっちゃモテる方法教えたるわ!1日10分筋トレするだけやねんで!」とかね。

ただ、会話と違って文字数に制限があるので「削れるところを削って」「効率的に読みたくなる表現技法を取り入れて」文字数を調整する感じって言えばイメージしやすいんじゃないでしょうか。

なんにせよ慣れれば簡単なので、慣れるまではこの記事を参考に魅力的なタイトルを付けてみてくださいね。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA